【マーフィーの法則】成功を引き込む性格の作り方|ジョセフマーフィーの潜在意識活用法

今回の成功を追求する、マーフィーの法則のエピソードは、ある管理職の対応エピソードと、それに基づく習慣形成の方法についてです。

・部下に慕われる管理職になりたい
・望ましい習慣を根付かせたい

こうした願望をお持ちの人が、実現へ一歩近づけるように、ジョセフ・マーフィー博士の対応と見解を見ていきましょう。

こちらの内容に関しては、私達リアライズのYouTubeチャンネルでも聴く動画として上げています。

記事を読むよりも動画で聴いて学びたい方は、下部のリンクから動画を活用してみて下さい。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、現在の月間セールス日本一の記録も保有しています。

すべて正規に版権を取得しており、自社取扱いプログラムともなっている

  • ナポレオン・ヒル(成功哲学の祖。「思考は現実化する」など成功法則を体系化)
  • ジョセフ・マーフィー(潜在意識の法則)
  • マクスウェル・マルツ(サイコ-サイバネティクス理論)
  • ジグ・ジグラー(自己イメージ改造理論)
  • ブライアン・トレーシー(営業の神様)
  • デール・カーネギー(道は開ける・人を動かす)
  • ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則ブームのきっかけとなった、ザ・シークレットの賢人エイブラハム)

これらすべてのプログラムを所有、実践し、プログラムユーザーへレクチャーしています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成と、プログラムユーザーのフォローサポートも担当しています。

~主な取扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

性格的欠陥を克服するまで

私が、あるオフィスマネージャーと面談したときのことです。

彼は、オフィスのすべての社員が自分のことを、威張りすぎ、厳しすぎ、暗すぎると感じているようだと話しました。

また、彼のオフィスでは人の異動が多く、ゼネラルマネージャーから、退職者が多過ぎると苦情を言われているとも語りました。

私は彼に対し、職権乱用するのは自信の無さを表すことで、権限を行使することで、 自信があると思い込もうとしているのだと話してあげました。

横柄な態度で人に命令しなくても、穏やかで、整然とした精神状態のままで、十分に自信を保つことができます。

例えば、うるさく大声でしか話のできない人は、誠実さと精神の落ち着きに欠けているのです。

彼は、私の提案に従い、良い仕事をした部下を褒めるようにしました。

すると、彼も部下から同じように、親しみのある反応を返されるようになりました。

すなわち、部下を褒めることによって、彼らに自信をつけさせていったのです。

彼は、がみがみ言い過ぎたり、オフィスの和を乱す態度を取ることを止めました。

やがて、心の中で自分自身を卑下することもなくなりました。実は、このことが彼の問題だったのです。

ここまでで学ぶこと

世の中では、人に対して威厳のある態度を取ろうとするあまり、それが尊敬ではなく畏怖の念を抱かせる場合があります。

威厳が尊敬を生めば、人があなたについてくる理由にもなりますが、決して相手より優位である必要はありません。

ですので、上司であるからといって無理に優位に立とうとせず、お互いに成長し合える関係で在るように努めていきましょう。

このエピソードでもそうですが、相手より優位に立とうとしたり、威圧しようとする人の本心は、実は自分を卑下しているのです。

威厳でも尊敬と畏怖は異なるように、謙虚と卑下も全くの別物となります。

謙虚さは、周囲の人から裏表のない信頼の置ける人という評価を得ます。

しかし、自分を卑下することは周囲の人へ傲慢な印象を与えます。

そして、自分を卑下することの根底には、プライドが高く、劣等感やコンプレックスを抱え、承認欲求が高いという意識が根付いています。

ですので、潜在意識に根付いているこうした意識を改善することで、周囲のあなたに対する評価を変えることができます。

また、部下と上司というものは、お互いに支え合っているものです。

部下は上司に認めてもらえれば、自信が持てるものであり、上司は部下が認めてくれれば自信が持てるものなのです。

つまり、職場上の立場はあれど、お互いに支え合っている関係なのです。

それでは続いて、オフィスマネージャーが具体的に潜在意識を変えた流れについて、マーフィー博士の対応を見ていきましょう。

成功を引き込む性格の作り方

彼は、暗い印象を一掃するため、ある特定の言葉を繰り返しながら、深呼吸する訓練を始めました。

具体的には、息を吸い込むときに「私は」と言い、息を吐き出すときには「明るい」と言うようにしたのです。

訓練の結果、息を吸い込んでから吐き出すまでの時間を、延長できるようになりました。

彼は、深い潜在意識の反応を得るまで、この深呼吸を50回、100回と繰り返しました。

今では、息を吸い込むときに「私は明るい」と言い、吐き出すときにも同じ言葉を繰り返すのが最も効果的だそうです。

彼は、深呼吸がそれとなくもたらす幸福感と、喜びの感覚と自分の価値を証明したのです。

そして、この幸福感と喜びは、潜在意識を建設的な観念で満たすものでもあるのです。

さらに、次の言葉を自分自身に語りかけながら、一日に数回、精神的な処方も実施し始めました。

「今後、 自己非難は一切しません。この宇宙に完全なものは何もないということを知っています」

「そして、私の部下や同僚が、すべてに完璧であることなど、できない相談だということも認識しています」

「私は、彼らの信頼、協力、そして仕事への関心に感謝しています」

「私は、同僚の一人ひとりが持つ、優れた点を見極めるように絶えず努めます」

「自分のよく知っていることには、常に自信がありますが、他の領域でも日々自信をつけています」

「自信と自力本願の考えは、習慣の賜物ですから、つい最近始めた禁煙と同じように、素晴らしい自力本願の習慣を身につけることができます」

「小心な心は捨て去り、習慣的思考に応えてくれる全能の叡智への確信、信念、信頼を身につけます」

「部下には、すべて優しく話しかけます。彼らの内にある無限の英知に敬意を表し、私を元気づける宇宙の活力の力をお借りし、あらゆることが実行できます」

と絶えず繰り返します。もし、自己批判しそうになればすぐに「私の内なるスピリット(神)を讃えます」と言います。

このオフィスマネージャーは、これらの真理をゆっくり、静かに、そして優しく一日に六回繰り返しました。

彼は、自分のしていることと、その目的を知っていました。

つまり、古い習慣の代わりになる、新しくて建設的な習慣を築き上げていたのです。

そして六週間後、穏やかで、自信に満ち溢れた人間に変わりました。

自らの努力で、非常に高い収入を約束された、副社長に昇進することができました。

ここまでで学ぶこと

呼吸に合わせたアファーメーションというものは、一見スピリチュアルに見えるかもしれませんが、実はとてもロジカルな方法なのです。

なぜなら、深呼吸のメカニズムというものは、脳科学や呼吸神経生理学などによって、解明されているメリットを上手に活用しているからです。

例えば、深呼吸をするということは、長く息を吐くことによって、副交感神経を意図的に高めることで、セロトニンが分泌されます。

セロトニンには、恐怖や驚きを抑え、喜びや快楽などを増やすことによって精神を安定させる作用があります。

つまり、深呼吸を反復させることによって、精神の安定を維持させた状態でアファーメーションを行うことで、潜在意識へ落とし込みやすくするのです。

実際に、どのような業界であれ、自分を落ち着かせる時には、深呼吸をするというのはもはや常識となっていますよね。

一般的には、アファーメーションというものを心拍数を高め、高揚している時に行わせる風習がありますが、深呼吸のほうが落とし込みやすいです。

「なんかスピっぽくて嫌だ」と毛嫌いしていた人も、マーフィー博士の教えの通りに深呼吸時のアファーメーションに取り組んでみて下さい。

そうすれば、自分でも驚くほどの効果を得られることでしょう。

そして、マーフィー博士の実践法による、後半部分の心構えを積極的なものへと変える取り組みも、落ち着いた状況のほうが効果があります。

しかし、ここで重要なのは、マーフィー博士も語っている通り「自分のしていることと、その目的を知っていました」の部分です。

後半部分の習慣形成の際には、自分が意図して習慣を変えるために取り組んでいる、という意志を持つことを忘れないようにしましょう。

なぜなら、惰性で取り組んでも、なぜそれをしているのかが分かっていないと、ただの作業になってしまうからです。

それでは最後に、これまでの成功を追求するエピソードについて、マーフィー博士がまとめた見解とポイントを見ていきましょう。

ここまでのセッションのまとめ

第一に、あなたは無限の叡智の力に導かれ、あらゆる障害を克服し、勝利するために生まれてきました。

この力は、あなたの内で目覚めさせられ、利用されるのを待っているのです。

第二に、自らが選んだ職業で失敗する人たちには、通常、精神的な面で失敗するパターンがあります。

そうならないためには、心構えを変えて成功したことや、素晴らしい功績を挙げたこと、人生の目標を実現したことを思い描く必要があります。

すると、強制力のある潜在意識が反応し、あなたを成功へ導くようになります。

第三に、すべての自己非難や自己批判を止めなければなりません。

過去を忘れ、功績を挙げたこと、勝利したこと、そして成功したことを心に描くのです。

あなたは、心に描いた通りの勝利や成功を収めることができます。

第四に、自分を卑下しそうになったらすぐ逆に考え、その場で自分の優れた点を確認することです。

第五に、心は自分がどう在りたいかということに反応しますが、そのためには、自分の真実の姿を信じなければなりません。

願望は反復、信念、そして期待感によって潜在意識に伝えられます。

第六に、自分自身と内なる力を信じることです。大胆に、次のように唱えることから始めてください。

「私は、確実に成功します。希望を実現します。希望通りの人間になります」

「また、潜在意識が私の正直な決定と確信に応えてくれます」

「潜在意識は間違いなく機能し、潜在意識に伝えられたものはすべて表現され、明らかにされます」

第七に、舞台でプレッシャー負けする性格なら、成功している自分を瞼に描くことです。

そして、その素晴らしい成功と威厳、そしてあなたの愛する人から祝福されている姿をイメージしてください。

第八に、スラムに生まれようが宮廷に生まれようが、あなたの人生を決めるのはあなたの持つ目標です。

あなたの豊かさは、あなたの内に抱くもので決まります。宇宙の法則は、あなたの信じるように実現されるのです。

第九に、ヘレン・ケラーは、幼いときに視力も聴力も失いましたが、心の中の永遠無限の光で奇跡を実現しました。

第十に、成功するためには感情を込め「内なるスピリット(神)は、人々の役に立つための素晴らしい道を示してくれる」と自分自身に語りかけることです。

第十一に、あなたの本当の価値に気付くべきです。

今ここで、自分は無限の叡智の注意を、全身に浴びている大切な存在として認識することです。

第十二に、劣等感や自信の無さを感じる場合は、自分の潜在意識へ次のように語りかける習慣をつけてください。

「私は、私の内にある無限の叡智を讃えます。私の内に宿る知性に対し、敬虔な尊敬の念を保ち続けます」

この姿勢が、自信と確信を生みます。

第十三に、褒めることが、あなたの部下や同僚に自信を与えます。

良い仕事をした部下を褒め、この世に完全な人はいないということを認識してください。

この姿勢が、不安感と卑下の表れである、威張った態度や、強圧的な姿勢を放します。