【マーフィーの法則】在るセールスパーソンの出世物語|ジョセフマーフィーの潜在意識活用法

今回の願望を実現する、マーフィーの法則の活用エピソードは、あるセールスパーソンを出世させたマーフィー博士の対応の詳細です。

マーフィーの法則というものは、オリジナルでもパロディでも、どちらも潜在意識による習慣的になった考えを実現させるという法則です。

成功を志している人の中には、自分のことが好きになれなかったり、認めることができない人がたくさんいます。

しかし、これは自分自身によって、成功への架け橋を壊して外しているのと変わらないことになってしまいます。

・目標を達成できない自分が嫌い
・もっとできるはずなのに、無能な自分が嫌

こうした悩みを抱えている人にとって、今回のマーフィー博士の対応を参考にすることで、自分を好きになることができるかもしれませんので、この記事では

・祈りの入力による潜在意識を活用するための準備
・自分自身と向き合って潜在意識へ入力する方法

これらについて、ジョセフ・マーフィー博士の解説を元に、マーフィーの潜在意識の法則に20年従事している専門家が、一つ一つ解説していきます。

こちらの内容に関しては、私達リアライズのYouTubeチャンネルでも聴く動画として上げています。

記事を読むよりも動画で聴いて学びたい方は、下部のリンクから動画を活用してみて下さい。

この記事を書いた人

1982年生まれ。2004年(22歳)から現在に至るまで自己啓発の世界に身を置き、自己啓発のプロフェッショナルとして営業・講演・研修活動を行い、現在の月間セールス日本一の記録も保有しています。

すべて正規に版権を取得しており、自社取扱いプログラムともなっている

  • ナポレオン・ヒル(成功哲学の祖。「思考は現実化する」など成功法則を体系化)
  • ジョセフ・マーフィー(潜在意識の法則)
  • マクスウェル・マルツ(サイコ-サイバネティクス理論)
  • ジグ・ジグラー(自己イメージ改造理論)
  • ブライアン・トレーシー(営業の神様)
  • デール・カーネギー(道は開ける・人を動かす)
  • ジョー・ヴィターレ(引き寄せの法則ブームのきっかけとなった、ザ・シークレットの賢人エイブラハム)

これらすべてのプログラムを所有、実践し、プログラムユーザーへレクチャーしています。

現在のクライアントは法人のみですが、全国に在籍するインストラクターの育成と、プログラムユーザーのフォローサポートも担当しています。

~主な取扱い業務~

大手企業の新入社員研修
営業 / セールスなどの社内講演
オペレーションマニュアルの作成

ナポレオン・ヒル財団|アジア/太平洋本部
公認販社リアライズ オーナー

あるセールスパーソンの出世物語

ある薬品会社のセールスパーソンは八年間、一度も昇進しませんでした。その間、彼より劣っていると思われる同僚は、どんどん役職に昇進していきました。

彼には、自己否定コンプレックスという問題があったのです。私は、彼に対して自分に優しくし、もっと自分を好きになるべきだとアドバイスしました。

「あなたは、内なるスピリット(神)を宿す家であり、そこには、あなたを作り、あなたに生命と知恵を与えてくれた、宇宙の活力が働いているのですから」

「その知性に対し、健全な敬意を持つべきです」と話しました。

彼は、そうすることによって、あらゆる障害を超越して成功すると共に、幸せで満ち足りた人生を送るための脳力を手にすることができるのです。

このセールスパースンは、後ろ向きで否定的な考えにも、前向きで肯定的な考えにも、同じ量の精神的なエネルギーが必要だということにすぐ気づきました。

そこで彼は、なぜ成功できないのかと考えることを止め、なぜ成功できるかと考え始めました。そして、彼は次のような心の方式を用いることを実行しました。

「私は、この瞬間から自分に対する見方を変えます。私は、自分の本当の価値を知っています。自分自身を拒絶することを止め、二度と自分を卑下しません」

「もし、自己批判の心が頭をもたげれば、すぐに『私の内なるスピリット(神)を称えます』と唱えます」

「無限の叡智である、私の内なる自己に敬意を表し、敬います。全知全能の存在として、私の内にある無限の力に対し、敬虔な尊敬の念を保ち続けます」

「この無限の力は永遠であり、常に新しい存在であり、また権威でもあります。私は日夜進歩し、前進しながら精神的、そして物質的な面でも成長し続けています」

このセールスパースンは、一日のうち三回、一定の時間帯を設け、これらの真理を理解することに務めました。

これにより、少しずつ自分の心を威厳と、落ち着きと、平静さや真実の価値観で満たすことができました。

その結果、ほぼ三ヵ月後には、ミッドウエスト地区のセールスマネージャーに昇進しました。

彼から最近、受け取った手紙には「すべて順調に行っています、ありがとうございました」と書かれていました。

ここまでで学ぶこと

潜在意識の力を活用して成功を志しても、なかなかうまくいかない人には、自分のことが嫌いな人が非常に多いです。

なぜなら、考えたように理想通りにならないことで、自分の力を認めることができず、そんな自分に嫌悪してしまう傾向にあるからです。

しかし、これでは今後も絶対に、成果に変化が訪れることはありません。

これは、よく考えてみれば分かることなのですが、自分でも自分のことが嫌いで、且つ認めることもできないとしたら、周囲の人にとっては更に難しいことだからです。

ですから、成功を志して達成したいのであれば、まずは自分のことを好きになって、認めてあげるところから始めていきましょう。

自分のことを好きになるためには、自分の良いところをリストアップしてみて下さい。そうすれば、自分の長所や誇れる点が必ず見つかるはずです。

また、自分のことを認めてあげられるようになるためには、これまで自分へ課していたステップを、これまで以上に細分化してあげて下さい。

具体的に、どれくらいまで細分化したら良いかと言うと、あなたが自分に課したステップをきちんと超えられるまで、です。

そして、このケースとは逆に、自分を甘やかす傾向にある人は「自分に優しくすること」についての理解を変えるようにしましょう。

「優しくする」というのは本来、思いやりを持ったり、相手を認めたりと、相手の気持ちを考えてあげられるようになることを指します。

あなたが無碍に扱っている、潜在意識に在るもう一人のあなたは、絶対的な力とあなたを支配するだけの力を持っています。

潜在意識の力を活用して成功を志すのであれば、このもう一人の自分と手を取らない限りは、潜在意識の力を活用する準備が整いません。

ですので、心の内面に在る自分と向き合って、これまでとこれからの事について話し合いの時間を設け、常に心の内面にいる自分へ祈りを入力するようにしましょう。

そうすれば、自分自身と潜在意識という、二つで一つの存在が同じ方向を向いて、手を取り合って進むようになっていきます。

潜在意識の力の活用のための祈りとは「祈ったらなんか成功しちゃった」というものではなく、あなたの潜在意識の力を活用するための儀式のようなものです。

とても分かり易く表現するのなら、宗教で活用されている、神聖視されている対象に実現を請う祈りを、自分へ向けて自分自身に行っているようなものです。

ですので、あなたがあなた自身を裏切らない限りは、きちんと祈りは届くようになっているのです。

それでは続いて、このセールスパーソンが取り組んでいた、もう一つの内容について、ジョセフ・マーフィー博士の対応を見ていきましょう。

マジックミラーのテクニック

私は、彼に対して先程話した訓練に加えて、昔から伝わる鏡療法を勧めました。

なぜなら、ユニークで驚くべき才能と脳力に恵まれながら、それらの資質が未だに活かされることがない人はたくさんいます。

そして、その資質が内に秘められたままになっている人間が、人生における自分自身の本当の価値観を認識できるようになるからです。

彼は、その訓練を自分の言葉で次のように語りました。「毎朝洗面後、私は鏡に向かい、大胆に感情を込めて

『トム、君はまさに優れた人物だよ。大成功しているし、信念と自信の固まりだし、またすごい金持ちじゃないか。優しく、和やかで活き活きしているじゃないか』

と自分自身に語りかけるようにしたのです。私は、内なるスピリット(神)と共にあり、そのことほど大切なことはありません。

今でも毎朝、この訓練を続けています。驚くべきことですが、ビジネスで、お金の面で、友人関係で、また家庭生活でも、素晴らしい変化が生じました。

先生にこのテクニックを教わって、たった三ヵ月でミッドウエストのセールスマネージャーに登用されたのです」

このセールスパースンは、 自分に言い聞かせた真実と自分自身を一体化して、新しい自己イメージを確立することに成功しました。

それが自分の心に威厳、落ち着き、平静さ、豊かさ、そして自信をもたらしたのです。

彼は、自分の潜在意識が実際の意識の動きに反応し「信ずる者には、どんなことでもできる」という心理的真実を発見したのです。

ここまでで学ぶこと

鏡療法もこうして説かれていたり、ナポレオン・ヒルの成功哲学でも語られている内容ですが、いざ実践している人は?というと、とても少ないものです。

なぜなら、こうした取り組みに対して疑惑を持っていて、本当にそれによって効果が出るのか不安であったり、あるいは成果に繋がることを確信していないからです。

例えば、この鏡療法を毎日一回必ず取り組めば、翌月末に現在の月給や収入の20%の金額が必ず振り込まれるよ、と言われたらどうするかを考えてみて下さい。

きっと、その時には狂喜乱舞して、率先してワクワクしながら取り組んでいることでしょう。

これが、世の中の多くの人たちの真実なのです。なぜ、そう言い切れるかと言うと、実際にこれまでに会った多くの人達でも、私達のクライアントでもそうだからです。

実際に、祈りの入力も鏡療法も正しく取り組んでもらえれば、その効果を実感した上で、成果に繋げることができている人たちもたくさんいます。

ですので、もしまだ鏡療法に取り組んだことがない人は、ものは試しに一度やってみて下さい。

しかし、こちらに関しては、現在精神疾患を抱えている人の場合には、独学と我流で取り組むことは絶対に避けるようにして下さい。

なぜなら、病状が今よりも悪化してしまうケースがあるためです。ですので、この場合にはまず主治医と相談してからにして下さい。

そして、この多くの人の鏡療法による捉え方が、潜在意識にもそのまま当てはまります。

これまでの人生で潜在意識と散々会話していて、何度も心の声を聞いた経験があり、心のブレーキとして体感したことがあっても、その力に懐疑的な人は多いです。

潜在意識の力を活用したいのであれば、まずはその存在を認めるところから始めなければなりません。

そして、それは軽んじていたり、遊び半分であったり、懐疑的であったりすれば、あなたが考えている通りに潜在意識も反応します。

しかし、いざという時や重要な場面に出くわせば、潜在意識はいつも通りに、あなたを確実に引き止める、ストッパーとしての役割を粛々とこなしてくれます。

「あなたが習慣的に考えていることは、必ず実現する」というマーフィーの法則が、潜在意識の力によるものであることを認識すれば、人生も変わるようになります。

自分を認めて好きになり、そして潜在意識へ望ましい祈りの入力を反復し、定期的な鏡療法を行いながら、潜在意識の力を活用していきましょう。